アトリエのちいさな窓から見た景色

転勤族家族なので、日本中が出没区域。小鳥ラブ。お料理と読書が最高に好き。海外旅行は人生の燃料。表の顔は、消費生活系・法律系の問題解決ご案内人。弁護士先生の知り合い増えてきました。裏の顔は、社会人大学院生。博士課程の1年目。専門は小児発達学。自閉症とコミュニケーションについて研究中。コメント大歓迎です。

こんなに簡単でいいんですか! 自分を助ける「○○宣言」

f:id:seiransha:20170515193346j:plain

「簡単に、自分助けできないかなあ」と、思いませんか。

 

私は最近、大学院の授業でえ! こんな簡単なことでこんなに楽になる方法ってあるのかと思うことに出会い、すごく喜んでいます。

 

というわけで、今日はちょっとした生き方のコツをお話しましょう。

 

目的を明確にするってこと、たったこれだけ

今月、すべての曜日になにか用事が入っています。平日は基本、お仕事→大学院か、お仕事→発達支援スタッフ→大学院。土曜日も日曜日も、フリーではありません。

 

こうなると問題になるのが、体力問題です。ええ、50をかなり目前にした人間です。夫と子供との楽しい生活とはいえ、当然のことながら家事分担もありですから、そりゃくたびれますわよ。

 

私先ほど家事分担と書きましたが、そうなんです、よく気がつかれましたね。負担ではもはやありません。ええ、連れ合い君も息子ちゃんも最近不思議と率先して家事分担してくれてます。

 

何でしょうかね。やっぱり母ちゃんが「我が家に天変地異が起こったレベルだ 母ちゃんが本当にマジで大学院博士課程に行った。しかも毎夜ヘロヘロになって帰ってくる」となったら、なにか「俺、やることやらねば」モードに入ったのでしょうか。ふふふ、よきかな。

 

さあ、こういうときにね、私はどうしましょ。そうなんです、休むのです。ちょっとのすき間時間を見つけて、徹底的に体を休めるのが得策です。

 

ここで大事なのがね、目的を持って行動するということなのです。目的をしっかり確認するのです。どういうことかというと、「今から私休みます」と自分に宣言してひと眠りするのです。たったこれだけの事なんですが、本当に大事なことなんですよコレ。

 

もしね、なにも目標を持たず、ただだらけるだけ寝るだけだと、それはなんにも「休んだ」ことに心はカウントしてくれないのですよね。それどころか「あ~あ、今日も私はだらけちゃった。時間を無駄に使っちゃった」とネガティブカウントしてしまうのです。

 

ところが「休む」ことを目標にして休むと、心は本当に、ああこれはちゃんと目標を持った行動だったんだなと、良いことカウントしてくれます。

 

私がやりたいことは、自分の人生を豊かにすることで結果家族全員の生活を豊かにすることです。確かに授業料払って大学院入っていますので、経済的にはすごろくで言う一回休み状態です。でも知識や経験の豊かさときたら、多分私の人生で最高の時間と思いますので、結果我が家全員が恩恵を受けることになります。

 

私は自分の体を休めながら続けることが必要なのです。私が積極的に休むことが、我が家のメンバーにとっては最上級の行動になります。

 

こういう時に、「休む」と決めずにただ無意識に休むと、ちゃんと心が準備してないので積極的に休めないような気がします。ほんと後で、時間を無駄にしちゃったかなと自分を責めてしまうことが多いです。

 

この目標を立てること、ちゃんと心理学の先生から習ってきたことですので、安心して使ってください。どんな行動をするときも、「決めてする」んです。そうすればその時間を濃厚に使うことが出来ますよ。

 

本当に、こんなことで楽になるのかと思うほどですが、なりますとも。

 

というわけで、週のしょっぱなではありますが私は「体を休めるために早寝する」と決めています。今からお夕食ですから、さささっと食べて、家族の一日の様子を聞いて、すすっと眠ることにいたします。うふ、皆さんも良い夢を。おやすみなさい。